SOUL'd OUT

【Diggy-MO’ ライブ感想】WEST SIDE MUSIC JUNCTION vol.1 〜ベリーグッドマン初ワンマンツアー謝恩会〜

2015年5月10日に梅田クラブクアトロで行われたイベントの感想をば。

3月にはじめて参戦したライヴの衝撃が忘れられなかった私は、
再び大阪の地に舞い降りた神を拝むべく…仕事を辞めました(笑)

我ながら良い選択だったと今でも思います。
後悔などひと欠片もしていない。

そして、この日は私がSOUL’d OUTを知るきっかけを作ってくれた姉の初Diggyの日でした。

イベント自体はベリーグッドマンさんがトリで、
それまでに数組のアーティストさんがライブをするような流れでした。

Diggyの出番はベリーグッドマンさんの前。
いつ登場するか分からないので、開演時間からずっと他のアーティストさんを見つつ待ちました。

その中で特に印象に残ったのは「MASH」さん。
関西Cruの中では伝説となったかくれんぼの歌を披露して会場を湧かせました。

曲名は…「稲穂」。
イベント終わりのツイッターでは稲穂ブームが到来。

稲穂でホカホカに温まった会場にDiggy登場。

セットリスト

  • 1.Wardrobe #6
  • 2.Un Deux Trois
  • 3.Cap song
  • 4.STAY BEAUTIFUL
  • 5.Blue World
  • 6.JUVES
  • 7.Lovin’ Junk

服装は、Ride Solo Cap(白)に碇のネックレス、
なんかのラジオで着てた赤黄緑の刺繍が入った服、ジーンズ。

Diggyの使ってたタオルは赤色の無地のものでした。

ライブスタート

立ち位置は、会場の2つ目のバーのセンター寄り上手側。
バーに寄りかかりながら見てました。

Cruの手の動きとDiggyの動きが見られるのでとてもいい立ち位置だったんですよね…

Wardrobe #6

マイクキーン…右見る。

この日は音が凄くクリアというか音がよく通る感じで、
前回のイベントと同じ曲でも、少し聞こえ方が違いました。

会場によってなのかマイクの音量設定なのか…
なにせ音の感じがとても好みでした。

前回のイベントでやってたcigarを吸うジェスチャーがとてもかっこよかったんですが、やらず。

コードを持ちながら歌ってました。

Un Deux Trois

マイクキーン…右見る。

やっぱりマイクの音量設定なのか??
Diggyも気にしながら歌ってるような感じだったので、狙ってたわけではなさそうです。

この曲、いつもあっという間に終わってしまうんですよね…
別のツアーのライヴ映像ですが、こんな感じです。

原曲でもかなり早いのに、ライヴではなお早いですからね。
ただかっこいい。
あとピアノの音エグい。

Cap song

めっちゃCap触ってました。
大阪では初披露だったので、ノリ方がわからないけどただただかっこよかったです。

歌詞も何も分からなかった当時の感想。

繰り返すところきっと皆に言ってほしいんだろうなって感じだった。

ベイベ部分の話ですね。
動き回りながら、すごい嬉しそうな顔して歌ってたんですよ。

最後は狂ったように高速クラップ。

高速クラップは今はほぼ絶滅してしまったんですけど、
本当にめちゃくちゃ楽しかったんですよね…

曲中に1回転(反時計回り)ターン。
あまり激しい動きをしないイメージだったので驚きとともに脳に刻み込みました。

STAY BEAUTIFUL

最後の方でDREAM DREAMのあともCruに歌わせてくれたの、
たのしかったなぁ…
本当に。

2番優しさが~声高いのは定番です。

曲が終わって「新曲。」って言ってから、
ゆっくり水を飲んで、謎にタオルを触って焦らしタイム。
たぶん1分くらい無言でした。

Blue World

この日のBlue Worldはものすごい良かったんです。
音響の危うさのおかげでとても澄んだ歌声で。
水タイプでした。

今まで何回もBlue World聴いたけど未だに1番。

前回のイベントより手をあげてる人は少なかったんですけど、
途中一人だけ手あげててそれがすごく良かったんですよね。

サビは横振り。

音が止まる前のとこすごく上手に歌ってました。

JUVES

赤い照明キレイでした。

Diggyもめっちゃ楽しそうで最高でした…

Lovin’ Junk

この日のライヴ好きなところが多すぎてね…
やばいです本当に。

イントロで照明チッカチカしてて、あれは完全にMV。
カメラのシャッターバチバチみたいな。
伝わるかなぁ…

ステージ上でゆっくり歩いてるだけでめちゃくちゃかっこよかったんです。

cosmic show に kissのところでマイク持ってる手の上に、左手でドームを作るジェスチャー。
本当に良かったとしか言いようがない…どうしよう…

最後のLovin’ Junk~全部マイク向けて歌わせてくれました。

前回のイベントはオラオラ感強めだったのに、
この日はどんだけ楽しいのってくらいニコニコしてたんですよ。
ギャップがすごい!!

ライブ終了~トークタイム~

ライブ終わりはFM802のDJ、西田新さんとトーク。
今軽く調べたら、西田さんって奈良県出身なんですね!!!
知らなんだ。

トーク中はほぼ笑顔でケタケタ笑いながら喋ってるのが、
気を許してる感が伝わってきてこっちまで微笑みながら話聞いてました。

Diggyが話してるときめっちゃ滑舌不安定なのもギャップ。
猫みたいな感じ。

西「Diggy君」

D「Diggy君って(笑)あんまないよね(笑)」

2010年ソロツアーの大阪がいちばんよかった話。

D「ファイナルはね。あんま調子よくないんだよね(笑)」

D「みんなも気付いてるんじゃないかな、あれ?今日Diggy調子ワリィな。みたいなね(笑)」

西「ローリンヒルのアレンジかっこいい。」

Diggyカクカクへたくそなお辞儀して笑顔。
金曜の西田さんのラジオ出演交渉中(ほぼ決まり)らしい。

D「交渉中なんだ…(笑)」

ツアーやりますよの話。

西「大阪公演の会場はここから5分の所にあるんで。」
D「5分なんだ(笑)ケタケタ」

最後西田さんとDiggy、拳ゴツン肩バーン→退場。

このイベントに行って、よりDiggy沼にハマっちゃったんですよね…
そこからはもうお察しの通り。

嗚呼…Diggyのライヴに行きたい。

おしまい

▼▼ブログ村ランキング参加中。ポチッと応援よろしくお願いします!▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!