漫画・小説

【クレイジー闇鍋漫画】野田サトル「ゴールデンカムイ」がおもしろすぎた【おすすめ漫画感想】

5年くらい前からずっと読みたかったこの作品。
最終章突入ということで、最新話まで無料で配信されていたので一気読みしちゃいました。

ガチガチのシリアス系漫画だと思っていたら、まさかのギャグ要素盛りだくさん。

めちゃくちゃおもしろいじゃないか!!

登場人物ほぼ全員がアクが強くて…というかアクの塊なんですよね…

【こんな人におすすめ】

  • 野性味あふれるグルメ漫画が読みたい人
  • ほぼ変態しか出てこない漫画が読みたい人
  • バトル漫画が好きな人
  • 内臓が飛び散っても平気な人

今まで1500冊以上の漫画を読んできましたが初めてです、こういう雰囲気の作品は。
「バトル」「グルメ」「狩猟」「ギャグ」「変態」「歴史」…ん〜!!!大混乱!!

このジャンルごちゃまぜな感じが物凄くクセになります。

ゴールデンカムイ

明治時代後期。

「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。

そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。

埋蔵金は網走監獄に収容中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。

そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。

名をアシリパというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。

さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。

果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

出典:アニメ「ゴールデンカムイ」公式サイトより

公式のこんな真面目なあらすじ読んだら、割とシリアスな漫画なのかなって思いませんか???

いい意味で裏切られましたよ…

すーぐ顔芸始まるから。

「ゴールデンカムイ」感想

ゴールデンカムイを読む前のイメージは、ガッツリ「物語」してるシリアスでアツい作品。

だけど、ページをめくるごとに

…あれ??おかしいぞ???

私いま何読んでるんだっけ???ってなるんですよ。

ギャグの量で言うと「銀魂」くらいの割合。

いや、もっと多いかもしれない。

バトルパートくらいじゃないですかね、ふざけてないの。

登場人物もびっくりするくらい変人揃いですし。

そんなごちゃまぜ漫画なのに全てのパートがことごとくおもしろいっていう。

不思議な漫画に出会ってしまいました…

狩猟

狩りの仕方や後処理の仕方、動物の習性までものすごく詳しく解説が入るんですよ。
「ヒグマの頭は頭蓋骨が硬いから銃では狙わない」みたいな。

細かく調べてるあたり、作者さんもかなり変態です。

動物の絵も背景も細かいところまで描き込まれていて、
まるでその場で一緒に狩りをしているかのような臨場感。

どうしても解説が多くなってしまうシーンもあるんですけど、手を止めてじっくり読んじゃうんですよね…

グルメ

これまた絵がめちゃくちゃうまい!!

鍋料理を食べるシーンは湯気と一緒に匂いがしてきそうです。

アイヌの人々は脳みそまで余すところなく食べるそうで、狩猟パートのたびに動物の脳みそが登場します。
脳みそを食べてるときの顔がびっくりするくらいシュールなんですよね…

バトル

皆めちゃくちゃ強いです。
さすが軍人やら囚人の集まり。

頬に団子の串を刺されても構わず戦い続けるシーンは良かったです、とても。
痛みにも強いから少々切られたり撃たれたりしてもひるまないんですよね。
逆に目がランランとするっていう(笑)

スナイパー同士の戦いが個人的にはいちばん好きなんですけど、このシーンは流れでじっくり読んでいただきたい…
もうね、最高なんです。

ギャグ

本編でもおふざけがすごいですが、各話の扉絵もなかなかのもの。

ふざけすぎて何が何やら分かりません(笑)

ただ締めるところではきちんとシリアスをくれるのでメリハリがあって読みやすいです。

「ゴールデンカムイ」まとめ

「ゴールデンカムイ」ここまでおもしろいとは思わず。

間違いなく全巻買って読み返すでしょうね…

特に中盤から後半にかけて
それぞれのキャラクターの関係性や過去が明らかになると、おもしろすぎて読むのを中断するタイミングがなくなります。

ちなみに私の推しキャラは「尾形百之助」と「永倉新八」です。

皆さんはどの変態がお好きかな??

今から読む方はたっぷりと時間を取って、寝不足にならないように気をつけてくださいね!!

今回「ゴールデンカムイ」を読む後押しをしてくれたブロガーさんをこっそりご紹介。

お名前:ゴル子♀さん

ユニークなアイコンと独特の感性から放たれる体験談はまさに上質なギャグ漫画
彼女の記事を読んで何度鼻水を飛ばしたことか…

「ゴールデンカムイ」に少しでも興味を持ったあなたには、彼女の「生きる。」という記事をぜひ読んでいただきたい。

おしまい

▼▼ブログ村ランキング参加中。ポチッと応援よろしくお願いします!▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!