漫画・小説

待望の続編、三宅乱丈「fish」【おすすめ漫画】

待ってました、この日を。

私の大好きな漫画の続編となる「fish」。

心を抉られ、涙腺を壊され、言葉では言い表せないほど暗い感情を押し付けられてもなお、2度3度と繰り返し読んでしまうスルメ漫画「ペット リマスター・エディション」の衝撃のラストから11年の時を経て、ついに本日発売されました。

前作の内容はネタバレになるので言えませんが、最終巻の怒涛の展開に心を置いてけぼりにされたあと、無の極みでページをめくると…
こんなあとがきが載っていたんです。

この作品は当初、自分の敵が実は自分を助けようとしている味方というか家族だった、という話になるな、と思っていたのですが、どこから描こうかと考えているうちに、結局、「3部構成」の物語になってしまったもので、この「ペット」はその第2部に当たります。

ただ、第1部のエピソードは、連載時に勢いで少し第2部の「ペット」に混ぜてしまったので、いつか、残る第3部を、実はこれが最初に思いついた話なのですが、ちゃんと描いてみたいものだという気持ちでおります。

出典:ペット リマスター・エディション 5巻 あとがきより

あれが第2部…?
しかも、まだ見ぬ3部が最初に思いついた話…??

そんなことがあっていいのか??

第2部にあたる前作を最後まで読んだあとの、なんとも言えない気だるさと高揚感が今でも忘れられません。

そして、待ちに待った今日この日。

いやぁ…もうね、三宅乱丈節が炸裂してましたね…。

今回1・2巻同時発売だったんですけど、本当に正解。
彼女はまたやらかしてくれましたよ。
続きが気になりすぎて待てない人は、コミックビームを探しに本屋さんへ行ってしまうレベル。

単行本の終わり方がうますぎるんですよ…
焦らして焦らして…お!!!と思ったら「次巻へ続く」ですからね。

今回は、そんな神漫画「fish」について書いていきたいと思います。

【こんな人におすすめ】

  • メンタルをボロボロにしてくれる作品が好き
  • 伏線回収がうまい漫画を読みたい
  • マイナーな漫画に手を出したい

あらすじ

とある財閥グループの当主である金貴(キングィ)という男は財閥グループの中にM&Aを業務とする「会社」を作り企業の買収や合併を次々と成功させていった。

難しい交渉時には必ず姪を同伴させるのだが、不可解なのはその姪が”幼い少女”を連れてくることだった。
そして、どんなに難しい交渉でも最後には必ず上手くいくのだったー。
[pet]の鎖は解かれ、自由を求め泳ぐ[fish]へ。

血と涙に濡れる異能サイキック・サスペンス!

出典:ビームコミックス公式サイトより

時系列で言うと、「ペット」の衝撃のラストから数年後のお話。
前作ではあまり語られることのなかった「会社」側の人間模様がわかるのがとてもおもしろいです。

前作「ペット」を読んでいなくてもわかる?

もちろん前作を読んでからのほうが「fish」を楽しめると思います。

fishから読み始めた方は、1・2巻の時点ではきっと何が何やら分からない…状態になるはず。
まだ何も知らない読者に、1巻冒頭で説明文をぎっちりつけてくるあたり、「さすが」の一言に尽きますね。

世界観が独特すぎて初見を置き去りにすることで有名な三宅さんですから…
慣れるしかないというかなんというか(汗)
ただ、何も知らない状態からキャラクター同士の関係性が見えてきた瞬間に、すべてが繋がって鮮明に見える感じはもう、たまらないです。

この世界観にハマると、細かいコマも見逃したくなくて何度も読み返したくなるんですよね。

「fish」の世界観をもっと楽しみたい人は、アマゾンプライムビデオで限定配信されているアニメ版「pet」がおすすめです。

見どころ

「ロン」という男

出典:fish 1巻 第1話「不死身のハオ」より

前作のメインキャラクターでもある「ロン」という男。
もともとは記憶を操る能力を持っていたんですが、いまはその能力を失ってしまっています。

記憶も感情もなくしてしまったロンが心を取り戻すことができるのか。
そして前作の登場人物との絡みも気になるところです。

ハオと宇(ユー)

出典:fish 1巻 第1話「不死身のハオ」より

能力持ちではないですが、不死身と言われるハオとハッカーとして訓練された宇(ユー)。

今作からのメインキャラでかなり出番が多いので、彼らの動向は要注目です。

「fish」1・2巻を読んだ感想

前作のラストで出てきたモブキャラ(ハオ)がメインキャラとしていい味を出しているんです。
でね、もう1回前作を読み直したんですよ。
そしたら11年前に描かれていたシーンがしっかりと今作でも描かれていて。

ハオってあのときの彼か!!!みたいな。
もうテンションしか上がらないですよね。

3巻からはやっと前作のメインキャラが動き出す感じなんですかね…
うわー、早くヒロキと悟側の話を読みたい…!!!

おしまい

▼▼ブログ村ランキング参加中。ポチッと応援よろしくお願いします!▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!